治療メニュー

 

 

歯の根がしっかり残っていさえいれば技工物で補いつつ自分の歯で食事ができると考えています。

歯の根の機能により食事を摂る満足感が脳に伝達され、また脳の活性化にもつながるのです。

従いまして関谷歯科医院では極力歯を残す治療方針を守っています。

 

                  

無痛治療(笑気吸入鎮静法)

歯科治療に恐怖感があり、早期治療の機会を失ってしまう方のために

リラックスして治療を受けていただける安全な方法です。開院して以来30年の実績があります。

嘔吐反射の強いケースでは、表面麻酔剤を塗布して歯型をとります

小児の場合、笑気吸入鎮静法を最初からすることにより、後々の治療の恐怖感がなくなります。

最初に痛がらせては後々の治療に影響します。 

 

義歯 

関谷歯科医院では専属の熟練した技工士が製作いたします

義歯製作は微妙な調整が必要で、非常に高い専門性が要求されますが、

どんな症例にも対応できます。                     

 

金属床義歯

健康保険適用のレジン床義歯より、審美性、装着感、使用感、耐久性(割れにくい)に優れます。製作方法も一部異なります。

 

ソフト義歯

特に総義歯の難症例で効果的です。吸収して薄くなった顎骨は当たり易いので、最新の軟性レジンを2,3mmの厚さで硬いレジンと置き換えます。義歯の方にクッションとなる歯肉を付けるという考え方です。吸着もよくなりますし、金属床と組み合わせて製作できます。効果を上げています。

 

マグネット義歯

残存歯があまり強くないが抜歯したくないケースに有効です。少数残存歯のケースにも良く使います。審美性、耐久性は良いです。マグネットは、今お使いの義歯の鈎歯が折れてしまった場合の義歯修理にも使用します。

 

 特殊義歯

コーヌス冠やミリング冠を使用します。金属の腕がないので義歯を使用していることが分かりませんので審美性に優れます。通常の義歯より揺れが少ないのでブリッジ感覚で使用できます。ミリングしたセラミック冠と金属床の組み合わせがお勧めです。喜んでいただいています。         

                                           

部分入れ歯の場合長く使用しているうちに顎の骨は減ってきますが、毎日使用していますとなかなか自分では気づかないものです。そのまま使い続けると、義歯を支えている歯やその他の残存歯に負担がかかり過ぎて揺れてきてしまいます。

総義歯でも外れ易くなったり、あたってきたりいたします。適当な時期に積極的に合わせ直しを行うことにより装着感が気持ちが良いと表現する患者さんが多いようです。

 

インプラント

インプラント治療のためにまだまだ役に立つ歯を抜いてしまうことはいたしません。しか残念なことに歯が抜けてしまったり、歯の根が支える機能をほぼ失っている、部分床義歯が馴染めない、総義歯が嫌だという場合は、インプラント専門医と連携し治療に当たらせていただきます。インプラントの第一人者の田中収先生がオペを担当いたします。東京医科歯科大学の同門で補綴出身ですから、最終補綴を想定しながらのオペとなります。

大学病院のインプラントセンターにおきましても口腔外科、補綴科の専門領域での連携により精度の高い治療を求めております。関谷歯科医院も同様にインプラントの埋入、補綴物をかぶせる、噛み合わせを調整するといった一連の治療において高い専門性を課しております。

                                            

ホワイトニング

技工士が製作するマウスピースにホームブリーチのジェルを塗り、ご家庭で

簡単に安全にホワイトニングできます。必要に応じて、院内でオフィスブリーチングもしています。

                                               

予防歯科(虫歯、歯周病予防)

 

関谷歯科医院では、虫歯予防、歯周病予防としてPMTCに力をいれています。

PMTC(Professional Mechanical Teeth Cleaning)は、プロが行う歯磨きのことです。

歯と歯の間、歯と歯茎の間のように凹んだところに歯垢がたまりやすいので徹底的に歯の

お掃除をし、フッ素入りジェルで仕上げます。

特に、ご高齢の患者様に感謝されています。口腔内の細菌の数が減ってくるため、健康状態も良いように感じます。誤嚥性肺炎の防止にも役立っていると思います。

こちらサイドが毎回、歯周病処置や歯面研磨していくと、本人自身も歯磨きをよくやるようになったと言われることが多いです。

                                         

審美歯科

関谷歯科医院では、整容(美しく整える)という治療方針を守っています。

入歯、差し歯は本来の歯の色を明るくホワイトニングした上で自然に美しく見える色を専属の技工士と共に作り出しご提案できます。

大学病院時代はホテツ科で研究してきたので、どのくらいのかみ合わせの高さが自然に見えるのか、歯並びは、大きさ、傾き、排列をどのようにするかなど、理解した上で提案させていただいています。

 

 

高周波治療

顎関節症で痛みを伴うケースにかなり効果があります。その他、消炎作用があり歯周病処置や創傷治癒の促進などに使用しています。舌痛症にも効果かある場合があります。

                                                       

皆様の多くが、つい歯のケアを怠っていたり、初期の虫歯や歯周病をを放置し症状を悪化させてしまっている、または正しいかみ合わせを維持できず、せっかく治療した歯や歯周組織を傷めてしまているということを今までの診療生活のなかで感じてきました。

大切なのは、すべての診療が終了した後、いかにその状態を保てるかということで、自分では上手く歯磨きが出来ていると思っていてもどうしても磨き残しができてしまいます。そこで口腔内ケアのプロである歯科衛生士が中心となって徹底した口腔内清掃をして参りました。

それと同時に、私自身咬合関係のチェックは必ず毎回行っています。噛み合わせというのは、微妙に狂い易いものです。加齢により顎関節の柔軟性が失われていきますので、咬合を顎関節を主体とした考えで調整していかなければなりませんし、口の周りの筋肉の衰えにより前歯がすいてきたり前に倒れてきていわゆる出っ歯になってしまうケースも見受けられます。

このように、口腔内は往々にして変化していくと理解して、定期健診を欠かさないことが、口腔内にとどまらず体全体の健康の必要条件ではないでしょうか。