義歯(入れ歯)

  

関谷歯科医院では専属の熟練した技工士が製作いたします

義歯製作は微妙な調整が必要で、非常に高い専門性が要求されますが、

どんな症例にも対応できます。

 

金属床義歯    自由診療

健康保険適用のレジン床義歯より、審美性、装着感、使用感、耐久性(割れにくい)に優れます。製作方法も一部異なります。

コバルトクロム金属床です
薄くできるので、上顎の口蓋部に使用することにより、口腔内を広く使用できます。また、熱を伝え易いので、熱い物、冷たい物を口蓋部で感じることができ味覚に有利です。完成のひとつ前のステップで、試適をして人工歯の大きさや排列をチェックしますので自然な歯並びになりますし、発音にも考慮に入れて製作します。上顎に吸いつきますので、食事や会話の際には安心して使用できます。一部外注になりますが、外注先の技工所は30年以上のお付き合いがあるところです。義歯は、長く使用しているとどうしても顎が変わってきて合いにくくなってくるものですが、定期的にチェックをして、必要に応じて裏打ちして製作時のフィット感を取り戻せますから、まず快適な金属床を製作して、それをできるだけ長く使用していく方法をお勧めします。

 

健康保険適用のレジン床義歯です。割れにくいように金属の補強線を入れていますが、場合によってヒビが入ることがあります。レジンは厚さがありますし、熱を伝えにくいので味覚にはやや不利になります。

 

 

ソフト義歯     自由診療

特に総義歯の難症例で効果的です。吸収して薄くなった顎骨は当たり易いので、最新の軟性レジンを2,3mmの厚さで硬いレジンと置き換えます。義歯の方にクッションとなる歯肉を付けるという考え方です。吸着もよくなりますし、金属床と組み合わせて製作できます。効果を上げています。

 上顎に軟性レジンを使用していますが、下顎の難症例に使用することが多いです。材料は、数年前に比べて格段に使いやすくなっていますし、耐久性も増しています。

 

 

 

マグネット義歯     自由診療

残存歯があまり強くないが抜歯したくないケースに有効です。少数残存歯のケースにも良く使います。審美性、耐久性は良いです。マグネットは、今お使いの義歯の鈎歯が折れてしまった場合の義歯修理にも使用します。

 

左上顎1本残存のマグネットオーバーデンチャーです。

安定性があり、噛む満足感があります。

 

 

 

特殊義歯    自由診療

コーヌス冠やミリング冠を使用します。金属の腕がないので義歯を使用していることが分かりませんので審美性に優れます。通常の義歯より揺れが少ないのでブリッジ感覚で使用できます。ミリングしたセラミック冠と金属床の組み合わせがお勧めです。喜んでいただいています。

 

 

 ミリングによる義歯です。セラミック冠に溝を掘り、それに合った金属床を製作します。義歯特有の金属の腕がありませんので、義歯が入っているとは気づかれません。義歯固有の揺れも少ない製作方法ですので使用感はとても良いです。                                                                    

狛江・国領/特殊入れ歯