院長紹介

    ようこそ狛江・国領の 関谷歯科のホームページにお越しくださいました

関谷歯科医院は東京医科歯科大学医学部歯学部連携医院としてより専門的高度な治療を行うようこころがけ、同時にホームドクターとして歯の健康維持をモットーにしています。

                                    

私は大学病院のホテツ科出身です。ホテツ科というのは冠を被せたり、差し歯を入れたり、義歯を作ったりすることを専門とする科のことです。歯の上に載せる物を造るのが専門とはいえ、歯の根がしっかりしていなければ何を作ってもムダになります。反対に言えば歯の根がしっかり残っていさえいれば技工物で補いつつ自分の歯で食事ができると考えています。歯の根の機能により食事を摂る満足感が脳に伝達され、また脳の活性化にもつながるのです。従いまして関谷歯科医院では極力歯を残す治療方針を守っています。

 歯を失くされたり、どうしても義歯が合わないという理由でインプラントを希望なさる患者様には 田中収 東京医科歯科大学臨床教授  (歯学博士、日本額面インプラント学会) と 関谷歯科院長 (歯学博士 日本補綴学会) が連携し専門性の高い治療をいたします。

 

 関谷 俊治(歯科医師 歯学博士)

院長プロフィール 

東京医科歯科大学 歯学部 卒業

同 第三補綴学教室入局

昭和大学歯学部第二歯科補綴学教室(現高齢者歯科学教室) 医局長

関谷歯科医院開設  昭和56年

 

日本歯科補綴学会会員

昭和歯学会会員

昭和大学 歯学部 高齢者歯科学教室 兼任講師

狛江市歯科医師会理事

歯学博士(咬合に関する論文にて学位取得)

都立狛江高校学校歯科医

在宅治療スタッフ

東京医科歯科大学地域連携医院

慈恵第三病院地域連携歯科医院                            

このページには下記のサブページがあります。